パソコンは利用用途で、様々な形に分類されます。例えば、ゲーム専用のハイスペックなゲームパソコンや、インターネットを利用するのに特化したネットパソコンなどがあります。ところで、法人向けパソコンという名称を耳にしたことはありませんか?家庭などで利用する個人向けパソコンに対して、企業で使うのに適した仕様のパソコンです。ここでは、法人向けパソコンを中心に、その特徴や個人向けとの違いなどをご紹介します。

法人向けパソコンについて

企業では企画書やプレゼン資料など、大切な文章を作成しています。また経理などでは、会社の損益に関わる重要なデータを取り扱います。更に、近年はネット接続が基本で、ネット経由の驚異も増しています。作業中にパソコンがダウンしてデータが消失したり、外部からコンピュータウイルスが侵入すると、会社の損失にも繋がります。そのため、個人向けとは違う仕様の法人向けパソコンが求めらます。ここではその内容をご紹介します。

法人向けパソコンとは何か、その主な仕様とは

パソコンといえばかつては仕事を効率的に行うために使われていました。もちろん今でも仕事用に使われますが、今は家庭用が多く出回っていて、楽しむための機能が付加されています。動画をテレビのように楽しめた…

» Read More

法人向けパソコンを使うメリット

パソコンにはそれぞれスペックがあり、実際に使おうとするときはソフトをインストールします。家庭用のパソコンもたくさんの種類があり、高スペックの物やたくさんのソフトがインストールされているものを選べま…

» Read More

法人向けパソコンのデメリット

導入コストは比較的高め

法人向けパソコンは一般的なパソコンよりも情報の処理速度や耐久性を確保する為にハイクオリティなパーツを採用しています。また、受注生産が基本となっているので小ロットで生産されるのが一般的です。こうした理由から法人向けパソコンは比較的単価が高く、導入の際はある程度まとまった資金が必要になるでしょう。一般的なパソコンよりも想定される耐久年数は長いので、買い替え頻度が少なくデータの移行など面倒な作業を繰り返し行わずに済むと捉える事も出来ます。受注生産の関係で比較的納期が長く、導入のスケジューリングには余裕を持たせておく事も重要です。購入の際には手間がかかるものの、一度環境を整えてしまえばしばらく安定して使用出来るのが法人向けパソコンです。

スペック重視なので重さや大きさがネックになる事も

法人向けパソコンは基本的に一度設置した場所から移動させる事を想定しておらず、省スペース化や軽量化が施された製品はあまり多くありません。各パーツの耐久度を優先させているので製品全体の厚みや重量がかさみ、置き場所の確保に苦労する事も考えられます。サイズが大きくなりがちなので無骨なデザインが多く、おしゃれな雰囲気を演出するインテリア性を期待するのは難しいでしょう。環境が流動的なオフィスに導入するには不向きとも言えます。大きさや重さは製品を処分する際にも関わるポイントであり、法人向けパソコンは一般的なパソコンよりもリサイクル料金が高額です。耐久性や機能性に優れる反面、取り回しの悪さにはある程度留意しておく必要があるでしょう。

個人向けパソコンについて

個人向けパソコンと法人向けパソコンの違い

法人向けパソコンは厳しい環境で使われることが多いため、あらかじめ耐久性が高くなるように設計されています。表面部分が耐久性の高い素材で作られていてぶつけても故障しにくく傷もつきにくいです。バッテリー…

» Read More

個人向けパソコンを法人向けで利用した場合のメリットとデメリット

家電量販店でパソコンが買えますが、これらは個人向けや家庭用と言われるパソコンです。実は法人向けと言われるオフィス向けのパソコンがあり、会社などではこちらを利用した方が何かと使いやすいとされています…

» Read More

法人向けパソコンと個人向けパソコンの賢い使い分けとは

個人向けPCは法人向けと比べると持ち運びやすさが重視されているため、少し価格が高めです。その代わり、PCは持ち運んでも問題ないくらいに軽く、デザインもこだわったオシャレなデザインとなっています。一…

» Read More

初心者には難しい?欲しい機能・要望が叶うBTOパソコンとは

BTOとは「Build To Order」の略で、受注生産という意味です。主にパソコンの販売方法の1つに用いられていて、完成品ではなく買い手の注文に応じてカスタマイズしたパソコンを販売することをいいます。