法人向けパソコンと個人向けパソコンの賢い使い分けとは

持ち運びやすさやデザイン性を重視するなら個人向け

個人向けPCは法人向けと比べると持ち運びやすさが重視されているため、少し価格が高めです。その代わり、PCは持ち運んでも問題ないくらいに軽く、デザインもこだわったオシャレなデザインとなっています。一般的にPCを購入するとなると法人向けよりも個人向けを購入する人の方が大半ですし、大手家電量販店などで売られているのは個人向けのものばかりです。購入する価格帯に関しては、5万円以下、5~8万円程度、10万円程度、それ以上の4つの価格帯に分けられます。5万円以下のPCに関しては動作が遅く、スペックも低いので避けられがちです。5~8万円程度のものはOfficeなどを使った軽作業を行うのにちょうど良いスペックと言えるでしょう。そして10万円程度、それ以上に関しては開発やデザインなど、PCを仕事で使う人やPCゲームをする目的で購入する人におすすめです。

価格や丈夫さを重視するなら法人向け

法人向けのPCは個人向けPCと比べるとオフィス内で使うことが前提となっているため、デザインがシンプルで少し重めです。その代わり、法人の場合大量に同じ機種を購入することが多いことから価格も大量生産による低価格となっています。法人向けのPCは法人向けPCを販売しているショップや、自分が働いている企業にて購入することが出来ます。一般の家電量販店で法人向けのPCを購入することは難しく、法人向けのPCの存在を知らない人も多いです。法人用PCは業務で使うことが前提となっているため、ハイレベルな業務に対応するために高性能のPCを低価格で手に入れることが出来る場合もあります。そのため、自宅作業用でハイスペックなPCが欲しいなら法人向けがおすすめです。