個人向けパソコンと法人向けパソコンの違い

法人向けパソコンは耐久性が高い

法人向けパソコンは厳しい環境で使われることが多いため、あらかじめ耐久性が高くなるように設計されています。表面部分が耐久性の高い素材で作られていてぶつけても故障しにくく傷もつきにくいです。バッテリーについても個人向けとは異なり、個人向けの2倍程度の使用時間を想定して作られています。通常よりも容量が大きいバッテリーを搭載しているので、長時間の使用でも途中でバッテリーが途切れることがありません。充電可能な回数についても法人向けパソコンの方が多いので、数百回の充電にも耐えられて長持ちしやすいです。ハードな使い方でも劣化しにくく故障しないように設計されている部分が、個人向けと法人向けの最も大きな違いです。

サポート体制も大きく異なる

個人向けパソコンでは1年間の無償保証と、郵送による修理対応が基本となります。しかし法人向けパソコンでは2年間や3年間の保証期間が設定されている場合があり、通常よりも手厚いサポートが受けられるようになっています。サポートの内容についても法人向けでは郵送修理だけでなく、出張修理などにも対応していて故障した際にすぐに修理してもらえます。メーカーや加入しているオプションによっては、修理している間に代わりのパソコンを貸し出している場合もあり、万が一故障した場合でも迅速な対応を受けることが可能です。法人向けパソコンでしか利用できない24時間の電話対応なども利用でき、個人向けよりも質の高いサポートが特徴になります。