個人向けパソコンを法人向けで利用した場合のメリットとデメリット

購入したらすぐに使える個人向けパソコン

家電量販店でパソコンが買えますが、これらは個人向けや家庭用と言われるパソコンです。実は法人向けと言われるオフィス向けのパソコンがあり、会社などではこちらを利用した方が何かと使いやすいとされています。ただ個人向けパソコンも使いやすく、それぞれの職場によってはこちらを選んだ方がいい時もあります。法人向けは購入時はOSのみがインストールされているだけで、仕事に使おうとするとその他のソフトのインストールが必要です。一方個人向けは色々なソフトが最初からインストールされていて、ワープロや表計算ソフトなども使えます。パソコンに詳しい人がいないような職場だと、すぐに使える個人向けを購入した方がいい時もあるでしょう。

社員がゲームなどをしてしまう可能性

オフィスで使われるパソコンは法人向けと言われ、OS以外のソフトはそれぞれの会社の規則に従ってインストールします。そのためにゲームソフトなどは入っていませんし勝手に自分でインストールするのも許されません。中小企業などはあまりパソコンの管理に厳密でなく、一度に購入する台数も少ないので家電量販店から個人用パソコンを購入して使うケースも多いです。個人向けはゲームソフトやグラフィックソフトなど業務にあまり関係のないソフトなどが初めからインストールされています。仕事中にゲームをしてしまうものもいて、業務用として適さないときがあります。家電量販店でも法人向けが購入できるので、ゲームが入っていないものを購入すると良いでしょう。